うつ病のことをどのくらい理解してますか

周りのチャック

うつ病は自身だけでなく、周りの家族や友人にもかかってしまう可能性のある病気です。そのため周りに可能性のある人が存在する際には、うつ病診断チェックを利用してみましょう。

» 詳しくはこちら

診断を行う

インターネット上には、うつ病に関する様々なサイトが存在します。その中には医療機関が運営しているサイトも存在し、うつ病診断の簡単なチャックも存在します。一度行ってみましょう。

» 詳しくはこちら

診療に通う

うつ病にかかってしまった際には、長期的に病院に通うことが必要になります。定期的に通うことによって、ちゃんと治すことが出来る病気なのです。諦めずにしっかりと治すことが必要になります。

» 詳しくはこちら

うつ病について知る

うつは気持ちで治る病気ではありません

うつ病とは、何事にもやる気がなく、食欲も失せ、趣味を楽しむことさえできなくなる病気です。 風邪に似た症状が出ることもありますから、自覚するのがとても難しいと言われています。 眠れない日が続くというのも症状の一つですから、注意しなければなりません。 うつと診断されても、ほとんどの人が自分の病状を理解できずにいるのが、この病気のやっかいなところです。 この病気と闘うためには、まず、うつを知るということと、恐れてはいけないということが大切です。 「気持ち次第で治るもの」という偏見は、治療の妨げになるだけでなく、病状を悪化させる原因にもなります。 現在は誰でもかかる可能性のある病気なのです。 うつと診断された人が陥りやすいのが、「自分には価値がない」と思い込んでしまうことです。

診断を受けたらどう対処するべきか

うつになると、どうしても仕事や家事に影響が出てしまいます。 自分は病気ではないと思いたいがためについ無理をしてしまい、更に病状の悪化を呼んでしまうのです。 周囲の人たちの協力や理解を得るためには、診断を受けたらすぐに自分の病気について知ることが一番です。 どのような病気にかかったとしても、できることとできないことはあるのですから、力になってくれるという人は頼りましょう。 その際、「自分にはできないことばかり」と思うのもいけません。 できないのはうつという病気のせいであり、怠けたりしているわけではないことを自覚しましょう。 診断は専門医に任せるということも治療への第一歩です。 自己診断ではどうしても早期治療が困難になりがちになってしまいますから、少しでも気になる場合は、すぐに専門医を受診して下さい。

自立支援で治療費が一割に

うつ病の治療に必要な費用は健康保険を適用して、通常の治療と同様に医療費の30パーセンの自己負担となります。 しかし、うつ病も悪化すると満足に働くことも難しくなるため、うつ病患者を支援するための自立支援医療制度というものも用意されているのです。 うつ病と診断されればだれでもこの自立支援医療制度を利用することができます。 この制度によって30パーセントだった医療費の負担が10パーセントにまで引き下げられるのです。 うつ病の認知度は高まっているものの、やはり精神的にもそれまで通りに働くことは難しく、収入を維持することは難しいでしょう。 うつ病が治るまで経済的にも困窮する可能性があるからこそ、治療期間の経済的負担を少しでも緩和するためにこの自立支援医療制度は創設されました。

うつ病と診断されるまで時間がかかる

うつ病と診断されることでもれなく利用できる自立支援医療制度ですが、肝心の診断書が得られるまでにかなりの時間が必要となります。 これは心療内科の診断の難しさが原因です。 うつ病に限らず精神疾患のほとんどは外傷のような見た目で分かる要因はなく、カウンセリングという聞き取り形式での自己申告で症状を把握するしかありません。 当然仮病のリスクも高くなりますし、本人が頑なに自分がうつであると思い込んでいる可能性もあります。 社会的に生存が難しいほど心を病んでいる人に余裕を持って治療に専念させるための自立支援医療制度ですが、だからといって必要も無い人に適用されてはいけません。 だからこそ心療内科は根気よく長期間の診断を継続し、本当にうつ病かどうかを見極めなければならないのです。

うつ病診断への費用はどうなっているのか

今までのうつ病診断への費用は、精神科でしか受けれない面もあるため、ただの風邪とは全く違うということも含めてか、費用が浮いていた病気でした。実際に価格は数十年前の費用と比べると全く違います。 ですが、うつ病患者の人数は先進国を中心にかなり増えてきていると言われており、診断するための費用を下げる取り組みが広まってきていることは事実なのです。そのことを踏まえれば、今この世の中はうつ病の人のための取り組みが活発化しているということがわかることができるほど問題になってきているということなので、これからの生活でうつ病は完全に自分の人生に関わりのないものではなくなっていることが分かると思います。 今の自分はうつ病の存在といかに向き合えるかが大切な時期になっているかもしれませんね。

知らなければならない事

最近よく耳にするうつ病ですが、どのような病気なのか具体的に知っている人は多くはいません。そのためうつ病についてしっかりとした知識を付けることが必要になります。正しい知識をみにつけ診断しましょう。

» 詳しくはこちら

チェックを行う

自身がうつ病になっていると感じた時には、簡単な診断チェックを行ってみましょう。これを行うことによって、ある程度の状態を掴むことが出来るのです。早く治すためにも必要なことなのです。

» 詳しくはこちら

Page Top